お金借りる

今すぐお金借りる方法−成功率が高い最短ルート

消費者金融のTVコマーシャルや街頭広告などで「即日融資もOK!」といった謳い文句を目にする事はよくありますよね。
最近の大手消費者金融では、申し込んだその日の内にお金を借りるスピードキャッシングが当たり前になっている!と言っても過言ではないでしょう。
ただ、何も考えずに申込みや手続きを進めていくと「時間的に間に合わない」「在籍確認ができない」「必要書類が足りない」といった理由で即日キャッシングができない!という状況に陥ってしまいます。
そのような失敗要因を減らし即日融資の成功率を上げるためには、次の流れが一番固いという事を覚えておきましょう!

即日キャッシング成功の道

早めの申し込み

審査通過

自動契約機で手続き

その場でカードを入手

ATMからお金を引き出す

まず、申し込みについては時間的な要素がかなり大きく絡んできます。
消費者金融への申し込みは常に混雑しているものなので、混雑に巻き込まれて手続きが今日中に終わらなかった!という失敗を防ぐためにもとにかく「早めの申し込み」が必須です。
無事申込みが完了し、審査にも通貨した後は必ず自動契約機に行って契約手続きをしましょう!
間違って郵送での契約手続きを選んでしまうと郵送のリードタイムがかかるので、今日はおろか明日明後日のキャッシングも不可能になってしまいます。
無理なく行動できる範囲内に自動契約機が設置されているか?という事も消費者金融会社の公式サイトでチェックする事を忘れないで下さいね。
契約手続きが完了すれば、キャッシング用のカードがその場で発行されます。
自動契約機に併設されている専用ATMからお金を引き出して即日キャッシングが成功!という流れが最短ルートです。
もちろん各種コンビニのATMを使ってお金を借りる事もできるので、カードさえGETできれば24時間いつでも必要な時に現金を引き出せる!という事になりますね♪
(各手続きについての詳しい注意点に関しては、後のコーナーで詳しく説明するので参考にして下さい。)

即日キャッシングが可能なカードローンBEST5

プロミス

プロミス

即日融資に強いプロミスが一番人気!

TVCMでも有名なプロミスは即日キャッシングに最も向いていると言っても良いでしょう。
その理由は「即日融資の方法をたくさん準備している」だから「どんな人でもスピーディーな借入ができる」というところにあります。
上で説明した「申し込み→自動契約機でカード受け取り」の方法はもちろん、三井住友銀行やジャパンネット銀行の普通口座を持っている場合は「銀行口座への即日振込キャッシング」も可能であったり、と多彩な方法で即日融資ができるのは頼もしいですね♪
最近ではゆうちょ銀行とも提携した事で、全国のゆうちょ銀行ATMからも借入が可能になり借りやすさがUPしたのもプロミスの強みですね。
また、即日融資に強いだけでなく「30日間の無利息サービス」も使えるので少しでも金利を節約したい!という人にもオススメです。

即日融資 土日祝でもOK
無利息サービス 30日間
実質年率 4.5%〜17.8%
利用限度額 500万円まで
使いやすさ 評価5
三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

安心の銀行カードローンで即日キャッシング

銀行が提供するカードローン商品だから審査も厳しくて即日融資なんかしてもらえないんじゃないの?と思われがちですが、最近では銀行も消費者金融に負けないくらいのスピード感を出しています。
一般的に銀行カードローンは、申込先の銀行口座を持っていないと貸してもらえない(自行の口座を作らせようと必死)イメージが強いですが、三井住友銀行カードローンは特に自行の銀行口座を持つ必要はありません。
普通預金のキャッシュカードにローン機能を付け加えるという形式だけでなく、自動契約機でローン専用カードを発行して即日融資が受けられるため、消費者金融の手続き方法にとても近い!と言えます。
また、銀行カードローンは総量規制(※)の対象外となるため、消費者金融では申込みを拒否される専業主婦や収入が低めな人の即日キャッシングにもオススメです。

即日融資 土日祝でもOK
無利息サービス なし
実質年率 年4.0%〜14.5%
利用限度額 最高800万円まで
使いやすさ 評価4.5
アコム

アコム

アコムも条件クリアで即日融資可能

アコムの場合は銀行振込での即日融資なので平日14時までには「契約+振込融資手続き」を完了しておく必要があります。
時間を自由に使える人ならアコムの振込キャッシングは使いやすいとは思いますが、一般のサラリーマンが平日の昼間に仕事そっちのけで私用を入れる事は少し難しいかもしれませんね…。
初めてアコムを利用する人限定で振込実施時間の延長サービスも最近新たに始まりましたが、平日18:00までに振込融資の受付が完了している事、さらには振込先の銀行口座が「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」「ゆうちょ銀行」の3つの銀行口座のみ!という条件が設定されています。これらの条件をクリアできるのであればアコムを使うという選択肢もありますね。

即日融資 OK(但し条件あり)
無利息サービス 最大30日間
実質年率 3.0%〜18.0%
利用限度額 1万円〜800万円まで
使いやすさ 評価3.5
新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイク

金利を節約したい人は新生銀行カードローン レイク

消費者金融のイメージが強いですが新生銀行の傘下に入ってからは、れっきとした銀行カードローンのキャッシングサービスとなりました。
新生銀行カードローン レイクで即日融資を受ける場合も「自動契約機でのカード受取り」がキーポイントとなってきます。
指定の銀行口座への振込融資にも対応はしていますが、やはり銀行の振込業務が絡んでくるので平日14:00までのボーダーラインは払拭できない点が残念ですね…。
早めに申し込みをしたとしても、銀行のカードローン商品は消費者金融に比べて審査に少し時間がかかったり、審査が少し厳しめだったり、という時間的ロスが出てしまう可能性があります。確実に今日借りたい!という人は時間に余裕を持たせて申し込みをした方がいいですね。
だた、銀行カードローンでは珍しい無利息サービスも実施しているので、時間に余裕がある人はチャレンジしてみてもいいかもしれません。

即日融資 可能(条件あり)
無利息サービス 30日間or5万円まで180日間
実質年率 4.5%〜18.0%
利用限度額 1〜500万円まで
使いやすさ 評価3
モビット

モビット

モビットも即日融資は可能

大手消費者金融のモビットでも急ぎの人のために「振込による即日キャッシングサービス」が用意されています。
ネットでの申し込み後に、審査結果を待たずにモビットのコールセンターに「急いでいる旨の電話を入れる」と、コールセンターのスタッフがその場で審査を開始してくれるんですね。(要は審査の順番待ちをすっ飛ばした!という感じです)
そこから先の手順は他の消費者金融と同じで「銀行振込融資」「ローン契約機でのカード受け取り」に分かれます。
銀行振込での融資の場合は、やはり平日14:00までの申し込み+即日融資手続き完了、という壁があるので注意しておかなければなりませんね…。
ただ、金利面ではプロミスの方が少しお得なので先にプロミスの即日融資にチャレンジしても良いでしょう。

即日融資 可能(条件あり)
無利息サービス なし
実質年率 3.0%〜18.0%
利用限度額 800万円まで
使いやすさ 評価3

キャッシングコラム

※総量規制ってなに?

 

消費者金融のような貸金業者が貸付をするにあたって、申込者の年収をチェックし貸し過ぎを防ぐために貸金業法という法律内のルールとして2010年6月に定められました。
具体的には、年収の3分の1以上の貸付は禁止1社で50万円以上の貸付をする場合や複数社の借入残高と自社が貸付けをする額が100万円を超える場合は、収入証明書類を提出してもらい年収の確認をしないといけない、という内容です。
この総量規制の施行により、借り過ぎて返済苦に陥る人が減った!と、表面上はその様に見えますが、実際のところは消費者金融からお金を借りる事ができなくなった人たちが向かう先は「超高金利の違法な金融業者」だったりします…。
果たして、この総量規制の施行は吉と出たのか凶と出たのか、少し疑問が残ってしまうところですね。

今日中にお金を借りたい人は必ずコレをチェック!

消費者金融から借りるか銀行から借りるか

消費者金融は利息が高いけど審査は甘め、銀行カードローンは利息が低いけど審査が厳しい!などと言われていますが、一番の違いは「総量規制の対象となるかならないか」という点です。
消費者金融は総量規制の対象となるため「年収の3分の1以上は借りられない」、銀行カードローンは総量規制対象外のため「年収の3分の1以上でも借りられる」という認識で間違いはありません。
この総量規制は貸金業法という法律による縛りであるため、サービス提供者(ここでは消費者金融業者にあたる)サイドではどうする事もできません。
ですので、借入申し込みをする前には必ず借入希望額が年収の3分の1以上か否かを確認して、正しい借入先に申し込みをするように気を付けないといけません。

借入希望額と適切な申込み先

借入希望額 消費者金融 銀行
カードローン
年収の3分の1以下
年収の3分の1以上 ×
無収入(専業主婦) ×

 

各契約方法における即日融資のタイムリミット

即日融資サービスのタイプによって締切時間は異なりますが、特に時間にシビアな即日融資の方法が「銀行振込」による即日融資です。
銀行の営業時間が終了してしまうと、例えその日のうちに借入手続きが完了したとしても、銀行翌営業日の反映となるので「絶対に今日中にお金が必要だ!」という人は、銀行の営業時間を必ず確認した上で営業時間内に借入手続きを済ませられるように行動しなければなりません。
銀行の営業時間は平日15:00までのケースが多いため平日14:00くらいまでには契約完了&即日融資手続き完了!を目指しましょう!
振込融資の他に、自動契約機で契約をしてローンカードを即ゲット&その場で借入という方法もありますが、自動契約機はだいたい夜の9時や10時まで営業している事が多いので、比較的ゆっくりと構えていても大丈夫です。
ただ、審査センターが混んでいる可能性も考慮して出来るだけ早めの申込み+契約手続き完了を心がけておきましょう。
また、自動契約機の設置場所によって営業時間が若干違う事もあるので、自分が利用しようと思っている自動契約機の営業時間は絶対に確認しておきましょう。

契約方法と即日キャッシング締切時間の関係

自動契約機で契約 土日祝関係なく夜10時まで対応(もしくは夜9時)
振込融資の契約 平日の14時頃まで対応可能
郵送で契約 利用まで2週間前後かかる…

 

事前に準備すべき書類や必要なものをチェック!

即日キャッシングだけに関わらず消費者金融や銀行カードローンでの借入申し込み時に必要となる書類が「本人確認書類」です。
基本的には「自動車運転免許証のコピー」(運転免許証を持っていない人は健康保険証かパスポートが必要です)を提出しておけば問題ないのですが、引っ越しが重なってまだ免許証の住所変更手続きができていない!という人は別途「今住んでいる住所が書かれた書類」(※)を用意しないとダメなので注意して下さい。
また、消費者金融で年収の3分の1以上の額を借りたい人は収入証明書類(源泉徴収票、確定申告書、給与明細書など)も併せて提出しなければなりません。
これらの書類が手元にあるのであれば今すぐ申込みを進めても問題ありませんが、必要書類が不足している場合は審査に落ちてしまいます。
必要な書類が揃っているか?を十分に確認してから申し込みましょう。

 

※住民税など税金の領収書、社会保険料の領収書、ガス・電気・水道など公共料金の領収書、住民票の写し、などが有効です。

 

職場への連絡(在籍確認)を他の方法にできるか

消費者金融や銀行カードローンからお金を借りる時には必ず申し込み後の審査に通過しなければなりません。
審査では本人確認はもちろん、個人信用情報機関を通じて過去の返済遅延履歴などもチェックされますが、それとは別に返済能力がある人物であるかどうか、を調べるために在籍確認という形で勤務先に連絡が入ります。
「申込者がその会社で働いているか?」という事を調べるだけなので、電話に出た人に「申込者はいるか?」という質問をするだけ、と非常にシンプルな確認作業なのですが、問題は申込時間が勤務先の営業時間外だった場合!
勤務先に誰か人が居ない事には確認も不可能なので、審査が長引いてしまいます。
申込をしたその日のうちにお金を借りたい!と急ぎの人は必ず勤務先の営業時間内に審査ができるように申し込みをしなければなりませんね。
ただ、事務所に人が常駐していない場合や、休日にお金が必要になった場合は、在籍確認を他の形で済ませられるキャッシング会社を選んでおくと安心です。
銀行カードローンは少しお堅い部分があるので在籍確認の代替案は提示してもらいにくいですが、消費者金融なら社員証や直近の給与明細などを提出する事で在籍確認の代わりとして処理してくれるケースもある事を覚えておいてください。

安定収入あり&少額を今日中に借りたい人は「プロミス」

プロミス
申し込んだその日にお金を借りたい!という人にぴったりなのが消費者金融で有名なプロミス。
振込み融資のサービスもありますが、ネットから申し込みをして自動契約機で契約&カード発行の手続きをすれば土日祝でも夜でも即日融資が受けられる!というのが非常に頼りになりますね。※
プロミスは消費者金融会社が提供するカードローン商品なので、ある程度安定した収入がある人ならば年収の3分の1を上限にした借入申込みが可能です。
また、30日間の無利息サービスも使えるため、少しでも金利を節約したい!という人にもオススメ!
どうしても在籍確認ができない!という場合は、社員証と給与明細を提出すれば在籍確認の代わりとしてくれるケースもあるので、申し込み後の本人確認の電話でオペレーターに相談してみるといいでしょう。
土曜の夜に急にデートのお誘いがあったけど手持ちが無い!次の給料日には返せるからとりあえず今10万円だけ借りたい!といった会社員やアルバイトの人はプロミスを選んでおけば間違いないですね。

 

※自動契約機の受付時間は9:00〜22:00までとなっているので、22:00までに申し込みから審査&契約が完了し、キャッシング用のカードが手に入れば即借りられます。

 

>> プロミスで今すぐお金を借りる <<

低年収or専業主婦で今日借りたい人は「三井住友銀行カードローン」

三井住友銀行カードローン
年収の3分の1以上の借入をしたい人や専業主婦で全く収入が無い人は、総量規制対象外の三井住友銀行カードローンを選びましょう!
こちらもプロミス同様、ネットから申し込みをして自動契約機でカード受け取れば申し込んだその日に借りる事ができます。
もちろん、銀行振り込みによる融資も可能ですが、振込キャッシングの場合は入金してもらう銀行の営業時間内にすべての手続きが完了していなければならないため、土日祝日や15時以降の借入はできないので今すぐにお金が必要な人は自動契約機でカードの発行をしましょう。
ただ、既に三井住友銀行の普通預金口座を持っていて、インターネットバンキング(ネット上から残高照会や振込みなどができるサービス)を利用している人なら即日振込融資が可能です。※
しかも極度額300万円以内なら審査に必要な書類を提出しなくてもいいのでさらにスピーディーな借入が可能!
また、銀行のカードローンなので金利も年4.0%〜14.5%と低めに設定されているのも魅力の一つですね♪

 

※システムメンテナンス時間(日曜日21時〜翌月曜日7時)はネットバンキングからの振込キャッシング手続きが不可なので要注意!

 

>> 三井住友銀行カードローンで今日借りる <<